toggle

豊田市Y様邸 LDKリフォーム

経年劣化で床がフカフカして来てしまったY様邸。

50代ご夫婦のお家です。


昔のお家は根太の上に捨て貼りをせず、直貼りでフローリングを施工している場合が多いのです。

また、布基礎のため、どうしても床下の湿気が上がってきてしまうので、床が弱ってしまいます。

床組はすべて撤去してコンクリートを打ち、新しくすることとなりました。
3人の息子さんがいらっしゃるのですが、それぞれみなさん家庭を持たれて、現在はご夫婦二人の暮らし。
暮らしが、楽しく彩りある生活になりますよう、現在のお二人の生活に合わせた間取り変更をしました。

 

とても物や想い出を大切にされているY様。
使えるものはなるべく利用して、残したいというご希望でしたので、現在お持ちの家具などに合わせてコーディネートさせて頂きました。

 

荷物を全て移動させて、解体する直前の写真。
壊してしまう床、貼り替えてしまう壁紙を綺麗に掃除されていた奥様。
『今まで過ごしたお家に感謝の気持ちを込めて』と。
とても素敵で、尊敬します。

 

解体をして、コンクリート打ち。
キッチンの位置を変えるので、給排水や電気配線も新しく。

工期1ヵ月とちょっと。
無事完成しました。

 

まだ、何もないお部屋に、お庭の花が飾ってありました。

 

 

リビングに向かって料理が出来るようにキッチンの位置を変更しました。

柱は、構造上梁を支えている為、撤去できないので残しましたが、腰壁と合わせて塗装しています。

床と腰壁はヒノキの無垢材ですが、腰壁は杉の羽目板です。

 

もともとはこんな色でしたが、再び使いたいと仰っていた食器棚とリンクさせるよう色合わせをして、オイル塗装を施しました。

 

 

 

ご夫婦二人で食事をするテーブルはキッチンのサイドに。

 

お部屋の中の植物が生き生きしています。

 

今まで遠くにしか置くことが出来なかったキッチン家電が置けるように棚も製作。
ちょっとの事ですが、動線がとても良くなったと喜んで頂けてうれしい限りです。

 

飾れる場所があると、暮らしが華やかになります。

 

 

出来てしまえば分からないのですが、キッチンはとてもシビアな納まりです。
コンロ横に窓。レンジフードは外にカーポートがあるので横抜き不可。
更には天井裏の梁下寸法がギリギリ。。。

 

レンジフードを下げすぎては、調理の際気になる高さになります。
サイドタイプのフードのため、窓上の下地位置も決まってきます。

㎜レベルの指定をして造作をしてもらいました。(実は一度作り直してもらっているのですが。。。)

綺麗に納まり、キッチン用のロールスクリーンも取り付けました。

 

奥様のお気に入りの素敵な小物がたくさん飾られています。

 

鉄瓶にもこもこ鍋敷き。

 

 

カーテンも今までお使いの物を利用されるという事でしたが、レールのみ取替えさせて頂きました。

 

劣化していた窓枠は、ダイノックシートを施工して綺麗に蘇りました。

LDKの他にお風呂、洗面、和室も綺麗にリフォームさせて頂きました。

 

新年、新しくなったLDKに息子さん家族も集まり、にぎやかに新年を迎えられたそうです。

 

 

これからご夫婦仲良く、素敵な時間を刻んで頂けたらうれしいです。

ご縁に感謝いたします。

 

 

【編集後記】

Y様は1年前に離れのカウンセリングルームを作らせて頂いたリピートのお客様です。
豊田市Shine様 
カウンセリングルームは床も壁もホワイトパインです。
無垢の肌触り、質感を気にって頂け、今回はヒノキをご提案させて頂きました。

 

想い出の照明器具。
打合せをしていた頃、『この明かりの下で、子供達3人がご飯を食べいた頃が、昨日の事の様だわ』と奥様。
新しくすることも考えましたが、そんなお話を聞いて、絶対残したいと思いました。
新しい思い出の一部になってくれる事と思います。