toggle

家づくりコラム
colum

高齢者住宅改修の助成金制度(豊田市の助成金)

その他

高齢者が、住み慣れたお家で、安全に自立した生活が出来るよう、一定の工事について助成金が受けられます。
豊田市の場合、①介護保険制度の住宅改修 と ②豊田市すこやか住宅リフォーム助成事業の二つの助成金があります。

対象者は、介護保険認定を受けている方で、在宅で介護を受けている場合です。
なお、すこやか住宅リフォーム助成事業は同世帯で、他のご家族が同様の助成を受けている場合は受けられない場合があります。
【助成金額】

①介護保険制度の住宅改修の場合

対象工事に要した費用(上限額200,000円)の9割又は8割
1割負担の人は180,000円まで
2割負担の人は160,000円まで
(備考)上限額まで複数回利用できます

②豊田市すこやか住宅リフォーム助成事業

対象工事に要した費用(世帯上限額444,445円)の9割又は8割
1割負担の人は400,000円まで
2割負担の人は355,556円まで
(備考)上限額まで複数回利用できます

 

助成金は介護保険の方が優先されますので、20万円を超えた場合に、すこやかリフォーム助成事業の金額が上乗せされるという取扱いになります。
また、その際、上限額までかからなかった場合は、持越しが出来ますので、違う工事を行う際申請することが可能です。

 

 

【対象工事】

介護保険の住宅改修は①手すりの取付②段差の解消③床材の変更④扉の取り換え⑤便器の取り換えが主な対象工事となりますが、
豊田市すこやか住宅リフォーム助成事業は、車いす対応の洗面等に変更する工事や、敷地内の外出用通路照明の設置、住宅内での移動の円滑のために壁を取り除く工事等も対象になります。
※詳しくは事前相談となります。

 

【申請等の手順】

1.工事が必要だと感じられましたら、ご相談ください。担当のケアマネージャー様にお話しいただくのがスムーズです。
2.工事業者を決めて、資料を準備する
3.必要書類を準備して、介護保険課に事前相談を行う

≪必要書類≫

①住宅改修が必要な理由書 

②現況見取り図 

③工事図面 

④現況写真 

⑤見積書(要内訳)

4.事前確認の承認の通知書が郵送される
※郵送先は申請者でも、工事業者でも大丈夫です。
5.工事開始

6.工事終了

7.工事代金の請求・支払

8.必要書類をすべて揃えて申請を行う

≪必要書類≫

①~⑤ 

⑥申請書類 (すこやか住宅リフォーム助成事業の併用の場合はそちらの申請書も) 

⑦工事完了写真 

⑧請求書 

⑨領収書原本
※その他、状況に応じて必要な書類

⑩承諾書(住宅所有者が申請者以外の場合)

⑪委任状(助成金の振り込まれる口座が申請者以外の場合)

 

 

庄山建築では、申請手続きも代理で行っています。

ご不明な点があれば、ご相談ください。

 

 

【リンク】

介護保険居宅介護(介護予防)住宅改修費の支給 豊田市ホームページ

生活支援サービス 豊田市すこやか住宅リフォーム費(高齢者等)の助成

家づくりコラム 一覧
blog